無足場工法について

無足場工法とは

無足場工法は、屋上からロープブランコでぶら下がり、外壁の補修・塗装・特殊洗浄などの施工を行う専門技術です。建物と建物のスペースが60cm程度あれば施工可能です。
※立地条件や建物の形状などにより無足場工法で施工できない場合もございます。お気軽にご相談ください。

無足場工法をおすすめするケース

立地条件やご予算の都合等により足場組立が不可能な場合に、無足場ブランコ工法での施工をおすすめ致します。
雨漏り調査・漏水補修・外壁の一部を補修する部分補修や雨樋の修繕工事など小規模工事の際に架設足場を設置することなく工事を行うことが可能です。無足場ブランコ工法で施工することにより架設足場設置費用を抑えられます。