ビル・マンションなどの大規模修繕工事をお考えのお客様へ

ケイズクラフトは、現地調査からお見積り・施工・アフターサービスまでの全てを自社対応することにより工事の一貫性を保ち、安心で良質な施工を実現いたします。

長期間に渡ってビル・マンションなどの建物を健全な状態で維持していくためには、定期的な点検と適切な修繕がとても重要になります。
定期的に点検を行うことで、建物の異常箇所を早期発見し 重大な問題が起こる前に対処することが可能です。そして必ず起こる建物の劣化に対しても、的確な修繕を行い常に良い状態を保っておくことで、建物の安全維持そして資産価値の維持にもつながります。

大規模修繕工事

架設足場を設置し、外壁補修工事、シーリング工事、塗装工事、防水工事までの修繕工事を行います。
各工事の詳細は下記工事内容をご覧ください。

その他修繕工事

建物全体の修繕工事の必要性が無い場合、架設足場を設置せずに無足場ブランコ工法での施工も行っております。
各工事の詳細は下記工事内容をご覧ください。
 ・外壁の一部を補修する部分補修
 ・雨漏り調査、雨漏り補修
 ・雨樋の修繕工事
 ・クリーニング工事 など…

お問い合わせから工事完成までの流れは、こちらをご覧ください。

工事内容

1.仮設工事

架設足場

共通仮設工事

仮設資材置場の設置、安全対策、汚損破損防止のための養生など、工事着工の準備を行います。

直接仮設工事

架設足場
クサビ式 架設足場を設置し、大規模修繕工事を行います。

無足場ブランコ工法
屋上からロープブランコでぶら下がり、外部修繕工事を行います。
部分的な補修工事や、架設足場を設置できない狭いスペースでも施工することが可能です。

仮設ゴンドラ
屋上から吊り下げたゴンドラに乗り、外部修繕工事を行います。
ロープブランコを使用するよりも安定して作業が行えるため作業効率も高くなりますが、仮設ゴンドラの場合はゴンドラ大きさ分のスペースが必要になります。

無足場工法についてはこちらをご覧ください。

2.補修工事

下地の補修はとても重要な工程になります。
下地補修が丁寧に行われていないと、たとえ良い仕上げ材を使用し施工したとしても 再びクラック(ひび割れ)などの症状が早期に現れてきてしまいます。
高圧洗浄やケレン清掃で汚れや旧塗膜などをしっかりと落とし、脆弱部・劣化部の処理・補修を的確に行い、できる限り現状復旧に近づけたうえで仕上げの施工を行うことがとても重要です。

下地調査

外壁の下地調査を行います。
下地調査は、架設足場または無足場工法を用いて目視調査・マーキングを行い、外壁のクラック(ひび割れ)、浮き部、欠損部、爆裂部、塗膜脆弱部などの不具合箇所を記録いたします。

調査報告書

不具合箇所を集計し、調査報告書をご提出いたします。
補修内容を協議のうえ補修工事を行います。

下地補修

外壁のクラック(ひび割れ)、浮き部、欠損部、爆裂部、塗膜脆弱部などの不具合箇所を補修いたします。

洗浄工事

外壁塗装面は 高圧洗浄、外壁タイル面は 薬品洗浄を行います。

3.シーリング工事

シーリング

外壁の打継ぎ目地、外壁タイル目地、サッシ廻り、貫通部廻り、建具廻り、部材と部材の接合部などに使用しているシーリング材の修繕を行います。
シーリング材とは、気密性・防水性・伸縮性の高いペースト状の材料で、雨水やホコリなどが侵入するのを防ぎます。
一般的な外壁用シーリング材の耐用年数は 10年ほどで、シーリング材が劣化し始めると耐水性が低下し雨漏りの原因になります。

4.塗装工事

外壁塗装

外壁、バルコニー上裏などの塗装を行います。
外壁の塗装周期は目安として10~15年ほどです。カビや汚れ、塗膜の剥がれ、クラック(ひび割れ)などの症状が現れた場合は、塗替えを考える時期になります。劣化箇所を放置してしまうと雨漏りの原因にもなってしまいます。

鉄部塗装

鉄骨階段、フェンス、スチールドア、雨樋、配管、メーターボックスなどの鉄部の塗装を行います。
鉄部の塗装周期は目安として5年ほどです。鉄部が変色したり艶が無くなってきたと感じた場合は塗替えを考える時期になります。そのような状態を放置すると、サビが発生し鉄の強度がなくなり崩壊してしまいます。

5.防水工事

屋上、バルコニーなど

屋上やバルコニーなどの防水層の修繕周期は目安として10~15年ほどです。10年を過ぎた頃から、膨れ・破け・ちじれ・クラック(ひび割れ)などの劣化が目立ちはじめます。劣化箇所を放置しておくとクラックなどから雨水や汚れが浸入し内部鉄筋の腐食を促し建物の寿命を縮める原因となります。
防水工事は、建物の状態や 既存の下地防水層に合わせて工法・仕様を選択する必要があり、施工技術だけでなく適切な調査と診断が重要になります。

外壁タイル面、コンクリート打放し面

外壁のタイル面や コンクリート打放し面の改修工事には、意匠性を損なうことなく防水と躯体保護の防水施工が可能な クリヤー系防水材(アクリルシリコン樹脂透明塗膜)の塗布をおすすめ致します。

6.クリーニング(洗浄)工事

タイル、石材、レンガ、アルミパネルなどの外壁材

外壁材の光沢や風合いは、排気ガス・空気中の粉塵・雨筋状の汚れなどが 蓄積すると 表面層が冒され経年劣化し、光沢や風合いを失ってしまいます。
付着した汚れは、紫外線や大気中の様々な物質と化学反応を起こし、放置しておけばおくほどより強固に付着してしまうので、汚れの落ちやすいうちに定期的なクリーニング(洗浄)をおすすめ致します。
ケイズクラフトの洗浄工事は、汚染状況により 高圧水洗浄(水圧)や 素材にあった環境考慮形の外壁洗浄剤で 頑固な汚れを落とし、新築時の美しさに近い光沢を取り戻します。

外壁コーティング

洗浄後は、外壁の美観と保護のために外壁コーティング(クリヤーや撥水剤等)をおすすめ致します。

無足場工法(無足場ブランコ工法・仮設ゴンドラ)で 洗浄工事も行っております。

7.他工事

小規模工事

無足場ブランコ工法で施工することにより架設足場設置費用を抑えられます。外壁の一部分の補修などの小規模工事もお任せください。

雨漏り調査、雨漏り補修工事

雨漏りが発生してしまった場合は、まず現地調査にお伺いし雨漏り箇所と外部からの状況を目視調査いたします。そしてなぜ雨漏りが発生しているのか、そしてどのような補修工事が必要か判断し、工事プランのご提案と御見積書をご提出させていただきます。
現地調査とお見積りは無料で行っております。

雨樋修繕工事

外壁の劣化などにより雨樋の支持金具が外れてしまったり、支持金具や雨樋(竪樋)自体が劣化してしまった場合に 補修または交換を行います。

無足場ブランコ工法についてはこちらをご覧ください。